外国人・留学生向けクレジットカード

外国人・留学生向けクレジットカードは、そのように銘打って宣伝される金融商品はありませんが、外国人、海外からの留学生が永住権を保有していなくても、クレジットカードの即日発行で審査に通りやすいクレジットカードが存在することは、興味がある人の間ではよく知られており、それを指して称されるものです。永住権がある外国人・留学生は日本人とほぼ同様の基準で審査をされますし、定職に就労し、安定した収入が確保されていればクレジットカードを発行されることは難しくありません。外国人・留学生の中でも永住権が無い方は、身元や支払い能力について信用度が低いことに起因し、クレジットカードが発行されないのが実状です。しかし日本国籍を有する人に対して審査が穏やかなカードは、そうした状況の外国人にもカードを発行しています。

日本で生活をする外国人・海外からの留学生が、日本語、外国語で日本での暮らしについて、自身のブログやホームページでメッセージを発信しているケースは多くあります。クレジットカードを持つことが出来たという記述を目にすることも珍しくありません。審査が行われることは間違いがありませんし、状況によってカードが発行されない場合もありますので、一概に外国人・留学生に対して、申請すればクレジットカードが発行されるとは記述できませんが、日本で学生であってもアルバイトをしていたり、定期的に十分な収入が確保されていることが審査において確認できれば、審査に通り、金融企業がカードを発行している実績があります。外国人・留学生向けクレジットカードの申込みには外国人登録証明が必要です。

安心して借りるならアコムがおすすめです

急な出費でどうしてもお金が必要なときがあります。月末に来る支払いを忘れていたときや結婚式があるのにお祝いを準備していなかったとき、そんな時に助けてもらえるのがお金を貸してくれる会社です。たくさんの会社がありますがアコムをおすすめします。アコムという会社を聞いたことがある人が多いと思いますが、会社としての歴史がありとても大きな銀行の傘下として営業しているのもあって、とても信頼できる会社といわれています。危ないところからお金を借りるよりこういった有名な会社から借りるほうが安心できます、莫大な利子で貸し付けをしたりしないので安心して利用でき初心者でも分かりやすく借り入れができるようになっています。

審査がとても早く1時間もしないうちに審査結果がかえってきます、インターネットでは24時間受付をしているので時間がない人でも利用することができます。電話でも審査ができたりするので家を出らずに相談ができてとても便利です。この審査に通れば全国の提携しているATMや銀行でお金を下ろすことができます。この提携しているATMは街中にたくさんあるのですぐに下ろすことができるでしょう。急いでいる人にはもってこいです。もちろん返済する時もコンビニのATMでできるのでとても楽です。もちろん銀行口座からの引き落としとして設定もできるので毎月振込に行くのがめんどくさいという人は口座を設定して引き落とししてもらうのをおすすめします。

 

消費者金融を利用するにあたって

消費者金融を利用しようと思ったとき、色々な疑問が思い浮かんでくるものです。「いくらまで借りられるのか」「利息はどのくらいなのか・どうやって返済すればよいのか」「そもそも自分にお金を貸してくれるのか」「消費者金融の利用が周囲にばれてしまわないか」などです。 こうした金融会社はCMや広告などは現在でもたくさん流されているので、1回も利用したことがない方々でも、社名ぐらいは耳にしたことがあるでしょう。しかし、実際に自分が利用する立場になると、急に不安になってくるものであり、それが当然であるともいえます。 お金が必要になったら、まずは落ち着いて消費者金融 ランキングなどで情報を収集してみましょう。インターネットがあればもちろん、それぞれの会社にはお客様情報センターがあります。

インターネットで実際に目で見て情報を収集するか、お客様センターで聞きながら情報を収集するかは人それぞれです。自分にあったやり方を選びましょう。 個人的に「融資診断テスト」や「利息計算の目安」が設けられている消費者金融のサイトは、ぜひやってみるべきだと思います。 「融資診断テスト」は、簡単な項目を入力するだけで、自分が融資を受けられるかどうかを診断してくれます。年齢や収入などの数項目だけで、すぐに診断結果が表示されますので、融資を受ける前の良い判断材料となります。 「利息計算の目安」は、「何万円を何日間で借りた場合、利息はどれくらいか」というのを自動で計算してくれるものです。日常生活を送っていると、融資を受けた際の利息がどれくらいか、というのをまず知らないので、ここで利息というものを学んでおくと良いです。

 

 

 

学生が利用できるカードローン

次に学生が利用できるカードローンについて詳しく紹介します。カードローンといえば社会人の人が利用するローンという認識が強いといえますが、学生でもお金が必要となることもあり学費などを自分で支払いたいのでカードローンを利用したい、学校で使用する教材を購入するためにカードローンを契約して自分で支払いたいというケースもあるといえます。

しかし学生の場合社会人とは大きく違う点があるためなかなか簡単にカードローンを契約するとうことは難しいのが現状です。そんな学生がカードローンを利用する場合、ある条件をクリアすることで利用できるカードローンが複数存在しています。学生がカードローンを利用する場合に必要となる条件とは何なのでしょうか。

消費者金融のカードローンを利用する場合

学生が消費者金融のカードローンを利用する場合、必ずクリアするべき条件というものが設定されています。その条件というのが年齢と収入という2つの条件で、この2つをクリアできれば学生であってもカードローンの利用が可能となります。逆に言えばどちらか一つでも条件をクリアできない場合にはカードローンの契約は出来ないと考える必要があり、その点がクリアできるかどうかでカードローンを契約できる学生なのかそうでない学生なのかが決まるともいえます。

学生の年齢が契約に大きく影響をします

何故年齢と収入が条件となるのかといえば、消費者金融の場合民法の規定に基づき未成年との契約が出来ない決まりとなっているためです。そのため仮に収入があったとしても年齢が満20歳以下の場合は学生のカードローン契約が出来ないということになります。そのため18歳や19歳といった年齢の学生は何らかの収入が確保できている状態であってもカードローンの契約条件を満たせていないということになるため契約が出来ないということになるわけです。これは学生だけでなく社会人にも適用される事例ですので、基本的なカードローン契約条件といえるでしょう。

では年齢が満20歳を超えていれば揉んだ無いのかといえば、年齢の面だけを見た場合にはカード契約の条件を満たしているといえますので、20歳を超えた学生であればカードローン尾申し込みに関する問題はクリアできているといえます。そのため学生がカードローンを申し込みたいと考えた場合には、20歳を超えた時点での申し込みが必要最低限の条件だといえます。

年齢だけではない収入に関する問題

学生がカードローンを申し込む場合、20歳を超えていればとりあえず年齢制限の条件はクリアしていることになります。しかしそれ以上に大きな問題となるのが収入の有無という問題で、年齢が20歳を超えていたとしても収入の無い学生の場合は、申し込みを行ってもまず審査を通過出来ないと断言できます。

これは貸金業法で消費者金融に対し総量規制と呼ばれる規制が設けられているためです。総量規制では基本的に年収の三分の一を超える貸付を禁止しており、さらに言えば収入の無い人に対しての貸付も禁止しています。これは収入が無い=年収の三分の一の金額もゼロとなるため貸付できる金額もゼロということになるためで、年齢が満20歳を超えていたとしても収入が確保できていない場合にはカードローンの審査対象外となってしまうため、学生で20歳以上でのカードローン申し込みの場合、アルバイトなどで安定した収入があるということが条件となってきます。

アルバイトなどを一切行なっていない場合には、親などからの仕送りが毎月決まった額あるとしてもそれは収入としてカウントされませんので消費者金融のカードローン利用対象とはならないといえます。逆に毎月5万円程度であってもアルバイトでの収入が確実に見込まれている学生の場合は、その収入を元に審査を受けることが出来ますのでカードローンの利用が可能になるケースが多いといえます。

銀行のカードローンの場合はどうなのか?

消費者金融の場合は総量規制の影響があるため20歳以上の場合でもアルバイトなどを行なっていなければカードローンの利用が出来ないといえました。では総量規制の無い銀行のカードローンの場合はどうなのでしょうか。銀行のカードローンの場合は基本的に貸金業法での営業ではないため総量規制という貸し出しの規制はありません。そのため一見すると収入の無い学生でも利用できるのではないかという光明が見えてくるといえます。

しかし銀行の場合は総量規制が無いとは言えその審査に関しては消費者金融よりも厳しい銀行が大半を占めている為、やはり収入の無いしかも学生という身分での申し込みはほぼ審査対象とならないと考えたほうが良いでしょう。

例外となる銀行カードローンもある

大手銀行や地方銀行などの場合、年収が最低200万円以上でないとダメとか、アルバイトやパートの利用は不可といった厳しい制限が設けられている場合が多いといえます。これは考え方によれば消費者金融よりも利用し難いということにもなりますので銀行のカードローンは学生にとっては非常にハードルが高いといえます。

しかし中には例外もあり、近年その利用者を増やしているネット銀行などに関しては学生での利用も可能となっている場合があります。例えば楽天銀行スーパーローンやセブン銀行カードローンに関しては、20歳以上であれば利用可能となっています。楽天銀行に関しては20歳以上でアルバイトなどの収入があれば申し込み可能と記載されており、セブン銀行に関しては収入の有無に関する項目も無いため20歳以上であれば収入のない学生でも申し込みが出来ることになります。

もちろんこのようなケースは非常に稀だといえますし、学生のため仮に審査が通過できても利用限度額が制限されることは逃れられませんので、一般のカードローンと同じくらいの限度額にはならないと考えたほうが良いでしょう。

第三の選択肢学生ローンとは?

一般的なカードローンを利用する場合、20歳以上で尚且つアルバイトなどの収入が無いと利用できないことになっていますが、消費者金融や銀行以外の第三の選択肢として挙げられるのが学生ローンという存在です。この学生ローンはその名の通り学生を対象としたローンとなっており、利用できるのも基本的には学生が利用可能なローンとなります。しかし実際には学生でなくても利用できる学生ローンというものも少なくなく、学生を卒業してもそのまま利用可能というカードローンも存在しています。

申し込みには学生である証明が必要

学生ローンを継続利用する場合には学生を卒業した後も利用できるものがありますが、学生ローンの申し込みに関してはやはり学生であることの証明が必須となります。これは学生ローンが一般のカードローンとは異なり学生を対象としている特殊なローンであることと、金利面などでも学生ということを考慮した低金利での利用が可能になっているためで、申し込みを行なう際には必ず学生であることを証明できる証明書の提出が必要となります。

基本的に学生である証明書として有効なのは学生証が最も有効で、学生証が無い場合には在学証明書などを学校で取得して提出する必要があります。この学生証や在学証明書で申込者が学生であるということを証明することになるため、もし本当に学生なのにそれらが準備できない場合は申し込みは出来ないということになります。

年齢制限はあるのか?

学生ローンの場合学生ローンの種類によって年齢の制限が異なる場合があります。そのためこの業者では18歳でも利用できるのにあっちの業者は20歳以上で無いと利用できないといったことも考えられるわけです。そのため学生ローンの年齢の条件は業者によって異なるということを頭に入れておく必要がありますし、自分が申し込む学生ローンの年齢制限が18歳からなのか20歳以上からなのかをしっかり確認してから利用を行なう必要があります。

18歳以上から利用できる学生ローンの場合でも、基本的に大学生や専門学校生であることが条件となりますので、18歳以上であっても高校生の利用は出来ないと考える必要があります。これはどの学生ローンでも同じで、学生ローンの学生とは高校生を除く大学や専門学校などを指すと認識しておく必要があります。

18歳で利用できる学生ローンにも種類があります

一般のカードローンではまず利用できない18歳での利用が可能なのが学生ローンのメリットだといえますが、一言で18歳以上で利用できる学生ローンにも種類があるということを知っておく必要があります。18歳から利用可能な学生ローンの中には18歳でアルバイトなどの収入が確保できる場合に利用できるものと、18歳で収入が無い場合でも利用できるものとが存在しています。

まず18歳でアルバイトなどの収入が確保できる場合の学生ローンでは、自分の身分証明書と学生証、アルバイトなどの収入が証明できる給与明細書などが準備できれば担保も保証人も必要なく学生ローンの申し込みが可能になります。そのため保護者の許可も必要ありませんし、申し込みが自分自身なので1人暮らしなどであれば親に学生ローンの利用がばれる心配も少ないといえます。しかし借りたお金の返済などは全て自己責任で行なう必要が在りますので、その点には十分注意して利用する必要があります。

もう一つの18歳以上でアルバイトなどの収入が無い場合の学生ローン利用に関しては、親権者の同意書を提出することで利用が可能になる学生ローンとなります。要するに自分自身の申し込みであることは収入がある場合の学生ローンと変わりはないわけですが、大きな違いは親権者の同意が無ければ申し込み自体出来ないという点です。そのため利用中に何かあった場合には親権者に多大な迷惑をかけることになりますし、親に黙って申し込みといったことも一切出来ないと言えます。しかし親権者の同意を得て申し込みを擦るということは、親も公認の上でカードローンを利用できるということですので、逆に考えれば安心して利用できる、親に内緒にしていてトラブルになるということが無い学生ローンだともいえます。

学生ローンの利用限度額は?

学生ローンを申し込んだ場合の利用限度額は、学生ローンの種類によっても大きく異なるといえます。例えば収入が無い18歳の学生が親の同意の元で利用する学生ローンの場合、利用限度額は10万円程度と非常に低く設定されている場合が多いといえます。これは未成年であることと収入がないということで必然的に利用限度額も大幅に引き下げられることになるわけです。
18歳でアルバイトの収入がある場合の利用限度額に関しては、10万円~30万円程度が多いと得ます。20歳以上でアルバイトなどの収入がある場合は最大で50万円までの限度額となっている学生ローンも多いため、未成年であるか成人しているかが限度額に大きな影響を与えていることが分かるといえます。

しかし学生ローンの場合一般的なカードローンのように増額できない学生ローンも多いですし、アルバイトの収入が一般的な会社員並みの収入であっても学生ローンである限り限度額の増額に対応しない学生ローンも多いといえます。中には増額OKの学生ローンもありますが、増額を行なう=利用限度額と共に返済額もアップすることになりますから、学生である自覚をもち無理な増額や借り入れは控えるほうがよいといえます。

一般的なカードローンと学生ローンどちらがお勧め?

学生が利用するカードローンには消費者金融や銀行のカードローンと学生だけが利用できる学生ローンがあります。では実際に学生が利用する場合に一般的なカードローンと学生ローンではどちらがお勧めなのでしょうか。これは未成年であるかどうかと学生ローンの返済という面を考える必要があります。

まず未成年であれば一般のカードローンは利用できませんので、言うまでも無く18歳以上で利用できる学生ローンがお勧めだといえます。しかし学生ローンの多くは中小の消費者金融がサービスを行なっている場合が多く、全国何処でも利用できるというわけではありません。専用のATMでの利用であれば手数料は必要ないわけですが、もし引越しなどで学生ローンを利用できるATMがない場所へ引っ越した場合、提携ATMでの出金で手数料がかかる、返済が銀行振り込みしか対応していないので非常に面倒といった弊害が生まれることになります。

そのため学生ローンの利用がお勧めなのは学生の間だけといえますし、もしすでに20歳を超えている学制であれば、社会人になってからのカードローン利用を視野に入れて初めから大手消費者金融や銀行のカードローンを利用するほうが利便性が高いといえます。ただしこの場合にはバイトなどの収入が必須ですので、20歳以上でアルバイトなどの収入が無い場合は、親権者の同意を必要とする学制ローンを選択するしか方法が無いといえます。

そのた年齢や収入の有無、社会人になった後のことも考えてカードローンを選択する必要がありますので、どの学制ローンが優れている、一般的なカードローン利用が良いということは無く、ライフスタイルに合わせてカードを選択すると良いでしょう。